ノ~モデリング、ノ~ライフww littlejohn


by mac3rd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年最後のタミヤ1/35AFVは、残念ながらオリジナルキットではなかった。

が、今回のように旧キット(他社を含めて)に最新の技術での修正と新規パーツを入れてなお、低い価格に抑えて出すのは 有効な方法だと思います。

今後も、この方法でイタレリ(RSOやクルセーダー等)やICMあたりの物もやって欲しい物です。

では、今回のPz.Kpfw.35tは、どのような改修を受けたのでしょう、、、、、。
b0041918_17223562.jpg

タミヤとCMKのボックスアートです。タミヤスタンダードとも言える白箱に最近のⅡ号戦車と同じようなタッチの絵です。
b0041918_17224650.jpg
CMKは、絵画的な雰囲気で、どくろマークと後部のドイツ軍旗の赤が映えます。
b0041918_17225542.jpg
2社の説明書です。CMKは、簡素な内容ですが 今回のタミヤは、Pz.Kpfw.35tについての歴史などを説明した物が組立説明書とは別に着いて来ます。また、新規パーツによりポーランド戦、フランス戦、ロシア戦等の装備の違いも図示化してわかりやすい説明に為っています。
b0041918_1723327.jpg
2社の塗装図です。CMKは、初期の装備なのでチェコ軍1種、ドイツ軍2種が入っています。タミヤは、ポーランド戦、フランス戦、ロシア戦のドイツ軍3種が入っています。ポーランド軍の特徴的な迷彩は、一度挑戦したい物です。
b0041918_17231415.jpg
今回タミヤが新調したパーツです。OVMや機銃など、細部パーツと初期型のジェリカン。ヘッド3種付の戦車兵です。
b0041918_17232185.jpg
デカールです、くしくも2社ともポーランド戦は200号車を選んでいますが 微妙に違うところがおかしいですねw
b0041918_17401175.jpg
砲塔部のパーツです。赤枠の車体後部パネルのパーツが CMKでは、ヒケが酷かったのですが タミヤ製では、ヒケが見られません。
b0041918_17434368.jpg
足回りのパーツです。20年以上前から 一部組立式のキャタピラを採用してるところは、すごいですね。
b0041918_17235715.jpg
車体部のパーツです。足回りも含め もともとCMKの製品は精度も良くモールドも初期のイタレリのような感じできれいなので 修正箇所は見ただけでは判りません。金型が古くなったための修正程度かもしれません。なお、自分のCMKは第一ロットの物なのでかなりきれいな状態です。
b0041918_17241168.jpg
CMKのパッケージ裏のカラー塗装図。

実は、35tも38tも華奢な軽戦車でかなり好きな車体なので すでにフリウル等も用意してあります。

正月あたりに作り始めようかなww
[PR]
by mac3rd | 2010-12-19 17:50 | 趣味
12月も10日掛り過ぎると 霰やら雪やら降って当然なのだが、その合間の晴れの日の気持ちよさは、格別だ。

映画もSFやらミステリーやら、スプラッターにオカルトなんて魑魅魍魎なものばかり観てると どうもしっくりこなくなる。

読書でもそうだが、手当たり次第に読んだり観たりしていくのは それはそれでイイのだが 終えた後の後味のよさを感じたい物だ。

で、昔から割と好きな堤真一と結構好きな夏川結衣が出てる「孤高のメス」を借りてきた。
b0041918_1232473.jpg

ほとんど漫画を読まないので 小説は知っていたが 元は漫画原作だったと知って「日本の漫画、アニメはやっぱり文学的なんだなぁ~」と関心w

医療現場の話だが、人物描写が細かくまた 演者も大変よく出来てる。

悪役wの生瀬勝久と堀部圭亮がいいスパイスになってるw

主人公「当麻鉄彦」が、幼い頃 母を地方の診療所での誤診により亡くした事から医学に目覚め 医療現場を直視し、患者本位の医療を進めていく。

地方医院として そこに従事する皆が自分たちで閉ざしていた本当の「医療」に再度立ち向かう勇気を与えていく話だ。

作家の高山 路爛(大鐘 稔彦)は、現役の医者で地方医療機関(淡路島・南あわじ市)の院長をされている方なので ディテールはもちろん 医者や看護師の立場、考え方などに微塵の狂いも無い。

医者や看護師と言う職業は、やはり特別な職業だと思います。

真摯に医療に立ち向かえば向かうほど 自分の家族や生活までも特化したものにならざる得ない。

給料が高くても、連休なんて基より時間もなかなか取れない。(そんな現状がいいとは決して思わない)

そんな本当の「医師」がどの位いるかは別として その環境を改善していかなくては 医師や看護師の成り手は減っていくばかりだろう。

映画は、手術室付の看護師(循環器系の超大変部w)の日記を その息子(医師)が読んでいく形での回想形式になっているので ちょっと懐かしい「昭和」も感じます。

自分を貫くことで 周りの人の心のどこかで眠っている「本心」を呼び起こす、、、、、確かにそんな人はいますね。

そんな人に会えたり携わることが出来るのも 大きな収穫です。

どんな職業にも その社会性や必要とされている意義を感じ 真摯に実行しその結果として収入を得る。

その当たり前なことを つい考えさせられる映画でした。

さて、自分を必要としてくれている人は どこにいるのだろうかw
[PR]
by mac3rd | 2010-12-12 12:33 | 映画
今年の冬は、一本義の冷専用「絞りたて」を頂いております。

沁みますねぇ~、世間の寒風も一時 忘れさせてくれますw

気に入った映画を見ながらの一杯は、たまりません。

この2日間は、アンジェリーナ・ジョリーの「SALT」と「プレデターズ」を鑑飲w

アンジェリーの身体能力のすごいこと!もちろん映画ですから 撮影のエフェクトもありますが 基本身体能力がないと あの撮影は出来ないだろうなぁ~。

ストーリーも超人的ですが 映像としても超人的でドキドキ感、爽快感満載。

本当は、映画館で見る予定だったんのを見逃していた1本なので ちょっと後悔したんですが、これはお勧めの映画ですね。
b0041918_10553391.jpg

ラストもいいです!

アンジェリーの映画は、ハズレガないなぁ~w

数あるプレデターシリーズの中では、1作目に近い感覚と聞いていた「プレデターズ」。

期待以上に良かったです。

モーフィアスwじゃなくローレン・フィッシュバーンは、思ったよりもチョイゲスト出演的な登場だったのが以外w

スナイパーのアリシー・プラガって、どこかで見たなぁ~と、、、、「アイアムレジェンド」の助かった人だぁ~。

主役のエィドリアン・ブロディも「戦場のピアニスト」とは 打って変って硬派な傭兵役があってたし、各人キャラがちゃんと立ってて 群像物でもドタバタにならなくていい感じでした。

まぁ、医者のエドウィンの最後の方は 無理に「連れて来られた訳」を演出しなくても良かったようにもw

乱立していたプレデター物のラストに相応しい映画でした。もう、いいです、、、、www
b0041918_1055516.jpg

[PR]
by mac3rd | 2010-12-09 10:57 | 映画

懸忘録 映画

11月から

アマルフィ(DVD)・・・・来年からTVで連ドラ化するそうだが、映画はちょっと消化不足。
かなり展開に無理があるかな、、、、単なる観光映画でもないしww
織田君の演出も無理に青島から変えようとしてるきらいがあって、、、、魅力不足。
天海ねえさんと温度差がww
まぁ、TV版に期待しようか。

月に囚われた男(DVD)・・・・デビット・ボーイの息子ダンカン・ジョーズ監督と言う点と一種の密室ストーリーと言うところに惹かれて鑑賞。いやぁ~、、、、最初は淡々と過ぎていく、、、、まるで2001年の様に、、、、でどうなるかと思ったが、面白かった。ネタばれになるが、出演者が複数になるあたりから 色々と考えさせられた。
この監督の次回作に期待したい。

パレード(DVD)・・・・山本周五郎賞の吉田健一の小説を行定勲監督がどう料理したのかが楽しみだった。
主人公の藤原竜也、貫地谷しほり、小出恵介など旬で実力のある若手俳優も楽しみでした。
4人がルームシェアするという あまり現実味の無い設定だけど、、、、TVドラマ向け?、、、、演技も良かったし展開も面白かった。サトシが、入り込んできて4人から5人になっての不調和と言う定番の展開だが 各自の設定が絡んで 収まり方も自然かなw
冒頭からの近くで起きた事件が、最後 こういう形で主人公に絡んでくるのは、、、、、ちょっと無理っぽいけど映画の最後の場面展開として有かな。「あんたも行くでしょ?」ww

燃ゆるとき(Gyao)・・・・NHK的な日テレ的な、、、、高杉良の小説かぁ、納得w東洋水産のアメリカ進出の実話ベースらしいが、よく出来た内容でした。セクハラや暗躍する商社、ユニオンの台頭など 色々な困難を自分達の信じる方法で乗り切るという実録サラリーマン金太郎的で邦画らしい面白さでした。
現地法人社長の鹿賀丈史の「たかがカップ麺、されどカップ麺、それでも我々の英知の結晶だ。」と言う台詞がサラリーマンの鑑だね。マルチャンの麺づくり、好きですw

エデンの東(Gyao)・・・・ん十年ぶりかで見ました。昔、TV放送で見たときは 差ほど思わなかったが、当時の映画でジェームス・ディーンの演技は、ナチュラルで飛び抜けてたんだね。
他の俳優が、無声映画時代からの演出のままだものw
聖書のカインとアベルの物語をベースにしてるのは知っていたが 時代背景を考えると色々な問題を取り込んだ作品だった事に驚かせられる。エリア・カザン監督の非凡さが伺えるが、この作品はこの時代でしか生まれなかった物じゃないだろうか、ジェームス・ディーンの登場も含めて。

バトルシップ・ヤマト(CN)・・・・ん?何故、バトルシップ?宇宙戦艦じゃないの?的なことを感じながら 久々の映画館鑑賞。3DじゃないけどCG物は、大きな画面がいいねw若干、、、いや、結構 アニメ版とは設定も内容も違うが これはこれでよくまとまってるし 面白かった。黒木メイサの森雪も良かったんじゃないかな。当初の沢尻エリカよりも この森雪は、メイサでしょうw
キムタクの古代もまぁ、いい感じじゃないですか。
まぁ、不満な点は ガミラスやデスラーの描き方かな。伊武雅刀の声は良かった。
ガミラスの宇宙船も、もう少し何とかならんかったのかな?最近のSF-CGのお下がりデータかと思ったw
期待してなかった?分、面白かったww
[PR]
by mac3rd | 2010-12-07 11:25 | 映画