ノ~モデリング、ノ~ライフww littlejohn


by mac3rd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:映画( 47 )

熟睡も出来ないほどピリピリ状態の日々をすごす中にも「時待ち」と言うのがある。分刻みのスケジュールに ちょっとした相手のわがままで1-2時間ほど空白の時間が出来る事である、、、、。

まあ、言い訳はこのくらいにして 懐かしの有楽町スバル座で「ザ・センチネル」を見ることが出来ました。良かったです、、ぅ。基本的にマイケルが主人公の映画ですが キーファーがもろ「ジャック」なわけで、、、、でも、監督も観客もそれを期待しているわけで ちゃんとジャックしてます。
ヒロインのエヴァ・ロンゴリアや懐かしのキム・ベイシンガーも良い味出してるんですが 絡み少なすぎ。キーファーもマイケルも良い感じなんですが この4人の絡みが少し希薄なように感じましたが、、、。マイケルもさすが、かっちょ良い、、、、でも有り得ない恋愛、、、、。
キーファーとエヴァでもう一本撮ろうよ、、、どこかのB級みたいに。

本道の24Movieが待ちどうしい、、、、、。

キム・ベイシンガーってさすがに良い御歳ですが、色気がありますね、、、こんなファーストレディ、、、いたなぁ。

追伸:平日の1時過ぎからのスバル座は、新作だったからか4-50人ほど入っていました。
平均年齢は、オリの歳を越していたと思います。いいね、グループやご夫婦で映画鑑賞なんてね。
[PR]
by mac3rd | 2006-10-13 01:37 | 映画
懐かしい映画を見た、「波の数だけ抱きしめて」。中山ミポリンと織田裕二、別所哲也、坂田マサノブ、そして松下由樹なのだ。

1991年の作品だが、1983年を描いている。ほんの少し昔の話、、、、少しの割には、懐古調のつくりなのだ。まさに、バブルに突入しようとして右上がり絶好調の時の大学生!この超幸運な者たち。
b0041918_0475179.jpg


実は、自分も83年まさに社会人1年生だったのだが、、、、別所君ほどバブリーじゃないけど雰囲気は わかりすぎるほどわかる。オールディズナンバーの音楽と小気味良いテンポの展開。
まさに「私をスキーに連れて行って」「彼女が水着に着替えたら」のホイチョイ3部作のノリだ。
これはこれで、気持ちよく楽しめる映画で結構時勢を反映していて風俗やファッションなども楽しめて好きな映画だ。

写真ないんですが、おすすめは松下由樹ですね。黒く日焼けしたミポリン(日本には帰ってこないのでしょうかね)もレアで良いんですが、今の「ココリコ」や看護婦役の彼女も良いんですが この頃の松下由樹は、結構主役キラーでいろんな映画に出てますね。
短い髪でスッゴクスタイルも良くて明るい感じの、、、、いいっす。

b0041918_048296.jpg

[PR]
by mac3rd | 2006-05-15 00:52 | 映画

フライト・プラン

ジョディ・フォスターの最新作「フライト・プラン」を見ました。先日来日してましたが、ますます貫禄と個性的な美しさを身に着けてきましたね。

映画は、テンポも良く「娘はどこに?真実は、なに?」という疑問符を観客に投げかけて ジョディの迫真の演技とともに 空きさせる事無く最終章まで持ち込むことに成功しています。

しか~し、ジョディの強さは 尋常じゃない。スーパーウーマン化してるし、犯人は出てきてすぐ判ったし(設定も胡散臭いし、演技も胡散臭い)大体、ジョディの「航空機の設計を携わっている女性」という設定が こじ付けがましい。留めは、その犯行目的(ネタばれになるので書けないが)の為に そこまでの(殺人)を犯さなければならなかったのか。そんな必要ないように思うのだけれども、、、。
b0041918_23334466.jpg

当初、主人公は男を想定していたらしいけど ジョディに決まったら もう少し大人しくさせてやったほうが良かったのでは、、、。
見て、満足感はあったけどね。
[PR]
by mac3rd | 2006-02-02 23:33 | 映画

ハツカレ

良く「GyaO」を見てるのだけれども 今年に入ってはまってるのが「ハツカレ」。
ガールズマンガのマーガレットに連載されてたらしいが(おじさんはそんもの見るわけないし)「GyaO」で 初めて知ったのだけれども。

誰にでもある、平凡な初恋。そんな平凡なドラマだから つい感情移入しちゃうのだろうか。
ウン年前のことだし、記憶の片隅に残っていた自分の過去との再会みたいな。
おじさんだって胸キュンになったりするのだ。

「ちろ」の黒川智花もだんだん演技がうまくなってきたなぁ。金八先生のころとまた違う感じだし。

寡黙な「ハシモト君」に自分がダブらせたりして、、、、バカだね、監督の思う壺。

良く考えたら、家の息子が同じ年頃で しかも昨年から「ハツカノ」が出来たんだよな。あぁ、こんな感じで 毎日胸キュンしてるんだろうか。もっと勉強もしろよって、親父面もできないなぁ。

何度と無く恋愛を繰り返しても 初めての付き合いは 、やっぱり特別なものだ物ね。「ちろちゃ~ん」、、、、、バカ親父です。
b0041918_0433134.jpg

[PR]
by mac3rd | 2006-01-31 00:47 | 映画

新型ボンド

ピアース・ブロズナンは、「探偵レミントン・ステール」のときからのお気に入りだったのだけれども ボンド役も板についていてよかったぁ。
今度の「カジノロワイヤル」(例の焼き直し?)で 新ボンド登場。
6代目は、ダニエル・クレイグ、、、、、大丈夫かぁ?英国っぽいところは認めるけど ちょっとロバート・ボーン教授に似てるかな。
まあ、期待しておこう。永遠の007に。
b0041918_23275410.jpg

[PR]
by mac3rd | 2006-01-06 23:28 | 映画

「男たちの大和」

年末も最後の仕事日だったが、サボって「男たちの大和」を見てきた。
昔見た「二百三高地」と同じ感じだった。
戦争の中で必死に生きる若者、無事を祈る家族、恋人。
死を覚悟して 戦場に向かう若者。それを判っていながら送り出す大人たちの苦悩。
決まっている定義を舞台や人間関係の中で作り上げていく。定番の戦争映画かな。
はじめの方での設定説明などが 長すぎ。「神尾」君が良い、「野崎妙子」役の蒼井優も昔の女学生っぽくて良い感じだった。中村君の台詞回しがちょっと臭かった。
大和のCGが、いかにもっていう感じでちょっとアニメぽかった。
まあ、期待したほどじゃないにしても まあまあだった。
鈴木京香が個人的に好きなのだが、歳を感じてしまったoTL
b0041918_0395610.jpg

[PR]
by mac3rd | 2005-12-29 00:40 | 映画
秋の気配もまだまだ、暑い日が続きますね。
しかし、夜は秋らしい風で涼しくなり読書や映画鑑賞にばっちりです。
さて、この秋の映画鑑賞予定をメモしておきます。

「シン・シティ」ブルース・ウィリスの新作、それ以外の出演者もなかなかよさそう。
予告にやられました、アメコミのような世界観、、、見てみたい。

「ファンタスティック フォー」正にアメコミ!ヒロインもなかなかいいね。

「チャーリーとチョコレート工場」?な題名ですが、ジョニー・ディップが良いね。
知り合いの娘が、見たがってたな。

「ステルス」予告見たところでは、ちょっとな!と思ったけど能天気に見るには、スカッとして良いかな。

「ヒトラー~最後の12日間~」実は、これ見ました。確かにヒトラーの秘書をしていた人の手記を基にしているだけに ほぼ事実に沿ってるんだろうなぁと思えるシリアスな映像。
ヒトラーを演じてるブルー・ガンツ
b0041918_13213427.jpg
の普段の顔を見たんだけど ぜんぜんいてないのね、これが。
ところが、この映画に出てるこの人は 正にヒトラーそのもの。話し方(アジ等)や
癖など(記録映画と比べて)正に本物。ドラマと言うよりも歴史の一部を若い秘書の目を通して切り取ったドキュメンタリーに近いものですね。重いです、しかし 引きずりこまされてしまいします。
全てが、最後のシーンで少し救われますね。
1938年ごろから45年までのホンの数年間にドイツの人々が陶酔していた物が少し垣間見れたような気がします。
狂気の時代の普通の人々、、、、なんだか少し今の日本にダブって見えるのは自分だけ?

さて、どれから見に行こうかな。
[PR]
by mac3rd | 2005-09-13 13:21 | 映画