ノ~モデリング、ノ~ライフww littlejohn


by mac3rd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:映画( 47 )

2013年映画鑑賞・備忘録
映画は最高w

{DVD・BR鑑賞}102本
ラム・ダイアリー
ファミリー・ツリー
キリン POINT OF NO-RETURN!
アポロ18
ルート・アイリッシュ
ミッション8ミニッツ
るろうに剣心
バイオハザード5
僕達急行 A列車で行こう
探偵はBARにいる
図書館戦争 革命のつばさ
ハンガー・ゲーム
コロンビアーナ
ソルジャーズ・アイランド
ルリ13歳の旅
ザ・グレイ
桐島、部活やめるってよ
ネイビーシールズ
SAFE/セイフ
人生の特等席
黄金を抱いて翔べ
96時間/リベンジ
噂のギャンブラー
ジャッジ・ドレッド
ロックアウト
009RECYBORG
アウトレイジ ビヨンド
PARKER/パーカー
ダブルフェイス/潜入捜査
ダブルフェイス/偽装警察
ヘイロー4
シャドーダンサー
つやのよる、ある愛に関わった女達の物語
アウトロー
レッド・ライト
シャドー・チェイサー
フロントミッション 革命の反逆者たち
トータルリコール
フライト
クラウド アトラス
横道世之介
ジャンゴ
世界に一つだけのプレイブック
Uボート156
レッド
プリズナー
ゼロ・ダークサーティ
藁の楯
相棒シリーズ XDAY
ジャッキー・コーガン
インポッシブル
プラチナデータ
アフター・アース
ガラスの親指
オブリビオン
アイアンマン3
天使のくれた時間
センセイの鞄
長い長い殺人
日本の黒い冤罪
ビート
SweetRoom
震度0
ナチスの犬
再生巨流
遠い日のゆくえ
永遠に君を見つめて
ルパンの消息
遠い空の向こうに
僕たちは世界を変えることが出来ない
東京原発
ロボジー
もう誘拐なんてしない
うさぎドロップ
ブレイクアウト
汚れた心
左目探偵EYE
トキオ 父への伝言
WAR OF THE SUN カウラ事件
インシテミル 7日間のデスゲーム
キツツキと雨
セイジ 陸の魚
スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン
ももへの手紙
ヒミズ
デンジャラス・ラン
ボディ・ハント
火の魚
ヘンゼル&グレーテル
私が黄金を追う理由
CLASH
空気人形
僕等がいた 前・後編
渋谷
声をかくす人
アナタヘ
レザボア・ドッグス
ナイトピープル
鍵泥棒のメソッド
360
苦役列車
マン・オブ・スティール

{シリーズ・ドラマ}
ヒューマニストS2,3
メンタリストS3
バーンノーティスS5
ホワイトカラーS3
コバート・アフェアS3

{映画館鑑賞}15本
LOOPER
宇宙戦艦ヤマト2199
エンド オブ ザ ワールド
アウトロー
ダイハード・ラストディ
G.I.ジョー バック2リベンジ
エンド・オブ・ホワイトハウス
真夏の方程式
終戦のエンペラー
ホワイトハウス・ダウン
エリジウム
REDリターンズ
47RONIN
ゼロ・グラビティ
永遠の0
[PR]
by mac3rd | 2014-01-01 23:04 | 映画

2012年映画備忘録

映画館にて観覧
A-続編が出たらまた観たい
B-よかった。
C-予想範囲内
D-観なきゃよかったw

D-マイウェイ12000キロの真実
B-ALWAYS三丁目の夕日’64
A-ドラゴンタトゥーの女
C-はやぶさ 遥かなる帰還
A-シャーロックホームズ・シャドウゲーム
B-バトルシップ
A-外事警察 その男に騙されるな
B-BRAVE HEARTS 海猿
A-ダークナイトライジング
B-プロメテウス
C-踊る捜査線THE FINAL
C-ボーンレガシー
C-アイアンスカイ
C-エクスペンタブルズ2
A-アルゴ
B-エヴァンゲリオン新劇場版Q
B-007スカイフォール
計17作

DVD鑑賞
B-日輪の遺産
C-アンダルシア 女神の報酬
D-127時間
C-宿命
B-ゴーストライター
C-シャンハイ
B-5デイズ
B-サムクタム
C-プリンセストヨトミ
B-ハンナ
B-ワイルドスピードMEGAMAX
A-トゥルー・グリッド
B-カーボーイ&エイリアン
C-ドラブアングリー
A-コンデイジョン
B-岳ーガク
C-リミットレス
C-映画版セカンドバージン
B-ミケランジェロの暗号
B-スリーデイズ
C-猿の惑星創世記
B-いつかA列車に乗って
B-フェア・ゲーム
B-もしドラ
C-アンフェアthe answer
B-ブリッツ
C-J・エドガー
B-夜明けの街で
B-はやぶさ/HAYABUSA
B-素敵な金縛り
A-マネーボール
C-スイッチを押すとき
B-リメンバー・ミー
C-トーナメント
B-三銃士/王妃の首飾りとダ・ビンチの飛行船
C-新少林寺
C-カンパニーメン
C-ウォール・ストリート
D-おかえり、はやぶさ
C-キリング・フィールド失踪地帯
B-マリリン7日間の恋
C-東京プレイボーイクラブ
B-宇宙戦艦ヤマト2199-1
B-宇宙戦艦ヤマト2199-2
C-モテキ
B-コクリコ坂から
B-キラーエリート
B-RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ
A-裏切りのサーカス(邦題は、D)
B-メン・イン・ブラック3
C-テルマエ・ロマエ
C-キリン
B-ラムダイヤリー
C-ドライブ
B-ファミリーツリー
C-アポロ18
B-ルート・アイリシュ
C-ミッション8ミニッツ
C-るろうに剣心
C-バイオハザード5リトリビュート
B-アフタースクール
B-ハゲタカ映画版
C-東京公園
C-冤罪ー日本の黒い夏
B-SweetRoom
B-センセイの鞄
C-ドラマWビート
C-長い長い殺人
C-天使のくれた時間
B-最後の晩餐ー刑事遠野一行と七人の容疑者
計70作

ホワイトカラーズVol1~7
ホワイトカラーズ2Vol1~8
コパートフェアVol1~8
コバートフェア2Vol1~8
バーンノーティスS4Vol1~9
バーンノーティスS5Vol1~9
フォーリングスカイVol1~5
計38枚

おっと、忘れてた
A-レ・ミゼラブル
[PR]
by mac3rd | 2012-12-30 00:49 | 映画

THE LAUGHING POLICEMAN

あら、1ヶ月も更新してなかったw

5,6,7月と無茶苦茶なスケジュールで仕事が進行していて 時間があっても何も手がつかない状態。

さすが疲れが溜まってきたので 本日は休業、、、、て、日曜だものねww

昨年から見たかった映画、佐々木譲原作の「笑う警官」をやっと見ることが出来ました。

福井県下のレンタルショップでは いつ行ってもレンタル中?ネットレンタルで、やっとの思い。

県警の手で隠してる(「・・)ン?と違う??ww

原作が良いのはもちろんだが、大森南朋と松雪泰子のタッグも興味津々。角川監督だけが、不安ww

佐々木譲氏は、深津絵里を描いてた様だがww

イントロの古いタイプライター(一寸古過ぎ?1950代くらいのオリベ)やジャズ、解り安すぎる店名や小道具、角川監督らしさ爆発www まぁ、それも全体を突き通してるから一つの味だね。

確かに台詞の間やBGM、役者の目線、、、、日本映画らしくない?オールドハリウッド的な演出が らしくていいかも。

モチーフの「By By Blackbird」や全体のジャズBGMは、ボク的にはとってもはまります。

大森南朋と松雪泰子の二人の感覚や台詞も良かったです。

この作品が、興行10万人程だったのは残念です、、、、出所直ぐの監督作品でしかも県警から眼をつけられてる内容だから?wwwまぁ、監督責任だろうなぁwww
b0041918_133257.jpg


事実にある程度基づいてるのは、たいへん残念ですが 原作も映画もとてもいい仕上がりだと思います。

エンディングのテロップバックで Blackbirdでジャズバンド「THE LAUGHING POLICEMAN」が演奏するシーンは角川監督らしくて 「まぁ、いっか」と思えるシーンでしたww

早く、次作「警察の紋章」が見たいものです。(廣部硬器じゃなくて・・・・地方ネタw)
[PR]
by mac3rd | 2011-06-05 13:03 | 映画

1月の映画・備忘録

今年に入って、時間をうまく調節できたので 映画館にも行くことが出来たし DVDもずいぶん観れました。

備忘録として。


アンストッパブル(映画館)

告白

レバノン

特攻野郎A TEAM

カムイ外伝

ゼブラーマン2

1945 THE BRIGHE

バウンティ・ハンター

パーフェクトワールド

BURN NOTICE シーズン3 disc5~8

ご馳走様でしたw
[PR]
by mac3rd | 2011-01-27 12:14 | 映画
12月も10日掛り過ぎると 霰やら雪やら降って当然なのだが、その合間の晴れの日の気持ちよさは、格別だ。

映画もSFやらミステリーやら、スプラッターにオカルトなんて魑魅魍魎なものばかり観てると どうもしっくりこなくなる。

読書でもそうだが、手当たり次第に読んだり観たりしていくのは それはそれでイイのだが 終えた後の後味のよさを感じたい物だ。

で、昔から割と好きな堤真一と結構好きな夏川結衣が出てる「孤高のメス」を借りてきた。
b0041918_1232473.jpg

ほとんど漫画を読まないので 小説は知っていたが 元は漫画原作だったと知って「日本の漫画、アニメはやっぱり文学的なんだなぁ~」と関心w

医療現場の話だが、人物描写が細かくまた 演者も大変よく出来てる。

悪役wの生瀬勝久と堀部圭亮がいいスパイスになってるw

主人公「当麻鉄彦」が、幼い頃 母を地方の診療所での誤診により亡くした事から医学に目覚め 医療現場を直視し、患者本位の医療を進めていく。

地方医院として そこに従事する皆が自分たちで閉ざしていた本当の「医療」に再度立ち向かう勇気を与えていく話だ。

作家の高山 路爛(大鐘 稔彦)は、現役の医者で地方医療機関(淡路島・南あわじ市)の院長をされている方なので ディテールはもちろん 医者や看護師の立場、考え方などに微塵の狂いも無い。

医者や看護師と言う職業は、やはり特別な職業だと思います。

真摯に医療に立ち向かえば向かうほど 自分の家族や生活までも特化したものにならざる得ない。

給料が高くても、連休なんて基より時間もなかなか取れない。(そんな現状がいいとは決して思わない)

そんな本当の「医師」がどの位いるかは別として その環境を改善していかなくては 医師や看護師の成り手は減っていくばかりだろう。

映画は、手術室付の看護師(循環器系の超大変部w)の日記を その息子(医師)が読んでいく形での回想形式になっているので ちょっと懐かしい「昭和」も感じます。

自分を貫くことで 周りの人の心のどこかで眠っている「本心」を呼び起こす、、、、、確かにそんな人はいますね。

そんな人に会えたり携わることが出来るのも 大きな収穫です。

どんな職業にも その社会性や必要とされている意義を感じ 真摯に実行しその結果として収入を得る。

その当たり前なことを つい考えさせられる映画でした。

さて、自分を必要としてくれている人は どこにいるのだろうかw
[PR]
by mac3rd | 2010-12-12 12:33 | 映画
今年の冬は、一本義の冷専用「絞りたて」を頂いております。

沁みますねぇ~、世間の寒風も一時 忘れさせてくれますw

気に入った映画を見ながらの一杯は、たまりません。

この2日間は、アンジェリーナ・ジョリーの「SALT」と「プレデターズ」を鑑飲w

アンジェリーの身体能力のすごいこと!もちろん映画ですから 撮影のエフェクトもありますが 基本身体能力がないと あの撮影は出来ないだろうなぁ~。

ストーリーも超人的ですが 映像としても超人的でドキドキ感、爽快感満載。

本当は、映画館で見る予定だったんのを見逃していた1本なので ちょっと後悔したんですが、これはお勧めの映画ですね。
b0041918_10553391.jpg

ラストもいいです!

アンジェリーの映画は、ハズレガないなぁ~w

数あるプレデターシリーズの中では、1作目に近い感覚と聞いていた「プレデターズ」。

期待以上に良かったです。

モーフィアスwじゃなくローレン・フィッシュバーンは、思ったよりもチョイゲスト出演的な登場だったのが以外w

スナイパーのアリシー・プラガって、どこかで見たなぁ~と、、、、「アイアムレジェンド」の助かった人だぁ~。

主役のエィドリアン・ブロディも「戦場のピアニスト」とは 打って変って硬派な傭兵役があってたし、各人キャラがちゃんと立ってて 群像物でもドタバタにならなくていい感じでした。

まぁ、医者のエドウィンの最後の方は 無理に「連れて来られた訳」を演出しなくても良かったようにもw

乱立していたプレデター物のラストに相応しい映画でした。もう、いいです、、、、www
b0041918_1055516.jpg

[PR]
by mac3rd | 2010-12-09 10:57 | 映画

懸忘録 映画

11月から

アマルフィ(DVD)・・・・来年からTVで連ドラ化するそうだが、映画はちょっと消化不足。
かなり展開に無理があるかな、、、、単なる観光映画でもないしww
織田君の演出も無理に青島から変えようとしてるきらいがあって、、、、魅力不足。
天海ねえさんと温度差がww
まぁ、TV版に期待しようか。

月に囚われた男(DVD)・・・・デビット・ボーイの息子ダンカン・ジョーズ監督と言う点と一種の密室ストーリーと言うところに惹かれて鑑賞。いやぁ~、、、、最初は淡々と過ぎていく、、、、まるで2001年の様に、、、、でどうなるかと思ったが、面白かった。ネタばれになるが、出演者が複数になるあたりから 色々と考えさせられた。
この監督の次回作に期待したい。

パレード(DVD)・・・・山本周五郎賞の吉田健一の小説を行定勲監督がどう料理したのかが楽しみだった。
主人公の藤原竜也、貫地谷しほり、小出恵介など旬で実力のある若手俳優も楽しみでした。
4人がルームシェアするという あまり現実味の無い設定だけど、、、、TVドラマ向け?、、、、演技も良かったし展開も面白かった。サトシが、入り込んできて4人から5人になっての不調和と言う定番の展開だが 各自の設定が絡んで 収まり方も自然かなw
冒頭からの近くで起きた事件が、最後 こういう形で主人公に絡んでくるのは、、、、、ちょっと無理っぽいけど映画の最後の場面展開として有かな。「あんたも行くでしょ?」ww

燃ゆるとき(Gyao)・・・・NHK的な日テレ的な、、、、高杉良の小説かぁ、納得w東洋水産のアメリカ進出の実話ベースらしいが、よく出来た内容でした。セクハラや暗躍する商社、ユニオンの台頭など 色々な困難を自分達の信じる方法で乗り切るという実録サラリーマン金太郎的で邦画らしい面白さでした。
現地法人社長の鹿賀丈史の「たかがカップ麺、されどカップ麺、それでも我々の英知の結晶だ。」と言う台詞がサラリーマンの鑑だね。マルチャンの麺づくり、好きですw

エデンの東(Gyao)・・・・ん十年ぶりかで見ました。昔、TV放送で見たときは 差ほど思わなかったが、当時の映画でジェームス・ディーンの演技は、ナチュラルで飛び抜けてたんだね。
他の俳優が、無声映画時代からの演出のままだものw
聖書のカインとアベルの物語をベースにしてるのは知っていたが 時代背景を考えると色々な問題を取り込んだ作品だった事に驚かせられる。エリア・カザン監督の非凡さが伺えるが、この作品はこの時代でしか生まれなかった物じゃないだろうか、ジェームス・ディーンの登場も含めて。

バトルシップ・ヤマト(CN)・・・・ん?何故、バトルシップ?宇宙戦艦じゃないの?的なことを感じながら 久々の映画館鑑賞。3DじゃないけどCG物は、大きな画面がいいねw若干、、、いや、結構 アニメ版とは設定も内容も違うが これはこれでよくまとまってるし 面白かった。黒木メイサの森雪も良かったんじゃないかな。当初の沢尻エリカよりも この森雪は、メイサでしょうw
キムタクの古代もまぁ、いい感じじゃないですか。
まぁ、不満な点は ガミラスやデスラーの描き方かな。伊武雅刀の声は良かった。
ガミラスの宇宙船も、もう少し何とかならんかったのかな?最近のSF-CGのお下がりデータかと思ったw
期待してなかった?分、面白かったww
[PR]
by mac3rd | 2010-12-07 11:25 | 映画
精神的には、まぁ充実してるつもりなんだけど、、、、、確かに8,9,10月とかなりハードワークだったのは確か。

来てくれる仕事を拒むわけにも行かないし、、、、、利が多けりゃそれなりの対処も出来るんだが、何しろ薄利だから自分が動かなきゃいけないところが辛いw

結局そこのところが、身体にストレスを溜めちゃったのね。

今週内視鏡検査する「腸炎」に、「坐骨神経痛」「帯状発疹」、、、、3つともストレスの神経から来る疾病だ。

1週間ほど、ゆっくり休めるといいんだが、、、、、個人経営者のサガで3日も暇だと落ち着かなくなるww


今日は、流石に何もしたくないので明日の仕事の段取りを仕事仲間に頼んでDVD観賞w

キャメロン・ディアスの「運命のボタン」(THE BOX)、、、、、キャメロンだからちょっとコミカルな軽い映画だと思って選択したのに、、、、、、、、、、、、、見なきゃよかったww

確かに、監督の言わんとするところは判るが、、、、「No Exit」そんな状況下で 懸命にもがき行動する夫婦。

簡単に言えば「身もふたも無い話」wしかも 単にスリラーならそれもいいが ガンガンSFチックになってるから何でもあり、、、、なのに、何の手立ても無い。

欲求不満と後味の悪い作品。 無理やり反省を押し付けられる、「粛清的」な映画でしたww


で、ここは日本の人情劇で お口直しをと「おとうと」を連続観賞。

吉永小百合、笑福亭釣瓶、蒼井優など実力派ぞろいなので ストーリーは、見なくても判るが そこはつぼと言う事で。

釣瓶の大阪のいやらしいおっさんwただの地じゃない?っていう演技もいいけど 吉永小百合はいいわぁ~w

歳とか、関係なくあの真っ直ぐに見つめる眼は、「キューポラのある街」の時と一緒。

判ってはいるけど、つい羽目をはずす叔父、、、、まぁ、似たような要注意人物は どこの家族にも1人くらいはいるよねw

ストーリーに対したひねりはないけど そんなものは必要じゃなく 演者の技量だけで持って行く邦画らしい作品でした。

大変おいしゅうございましたw

さて、明日はどうなるかな?
[PR]
by mac3rd | 2010-11-07 18:40 | 映画

ディカプリオ、、、、。

今夜 以前から観たかった「シャッターアイランド」のDVDを借りてきた。

ディカプリオ主演作だが、「アビエイター」の頃から ただカッコイイ俳優だけでなく役造りの深さに興味を持つ役者だと感じだ。

「シャッターアイランド」では、観客の意識を裏切る切り口でストーリーを展開していく様が面白かったが、簡潔に言うと「卑怯」なやり方だww

見ている途中で気がついたが、最新作の「インセプション」と似たような音?音楽の使い方をしていた。

主人公の意識の中でストーリーが始まる瞬間に キーになる音楽(ジョーン・ケイジ)が流れる。

実験的に音楽の無い映画を作った監督もいるけど 映像と音楽は切り離せ無いよねw

また、どちらも無くなった奥さんや子供たちが重要な鍵を握っているところ。

前後が逆になるが、「インセプション」の後に「シャッターアイランド」が来るような感じだ。

残念なのは、肝心のディカプリオの演技が 最近、型にはまり過ぎて来た事だろうかw

まぁ、男なんて 奥さんと家庭(子供たち)がちゃんとしてないとダメダメって事ですねww
どちらの作品も 見る価値はあると思います。
b0041918_22144483.jpg

[PR]
by mac3rd | 2010-10-03 22:17 | 映画
Twentyfour、、、、、Season8で9年間も続いたんだなぁ。

そのTV版Twentyfourもついに終了しました。

途中、特別なエピソードとして「24リデンション」があったが その24時間の時間軸で進んでいくドキュメンタリータッチの作風は、いくつもの習作を生んだ。

ストーリーポリシーは、単純明快で「正義に生きる」こと。

常に「正義とは何か?」「正義を貫くには何をすべきなのか?」とストイックに行動するジャック・バウアーと彼を取り巻く人々。

時に命よりも正義を優先する「非情」さは、アメリカの姿勢を映し出しているといえるだろう。

Season8で 最終、劇的な大逆転を行った大統領、、、、失う物は大きいが 間違いを正すことで本当の正義を確信していく。

ジャックとオブライエンの友情、確かにここまで彼をサポートする立場に彼女が育っていくとは誰も思わなかったろう。

時に皮肉な、しかめっ面の彼女がなんとも頼もしいサポーターに見えてくる。

年内?国外に逃れたジャックの映画が最終の美を飾ってくれるだろう。

たぶん、ロシアがジャックの持っている情報を嫌ってキム一家に近づいて、、、、それをキムたちを保護しているオブライエンに危機がおとずれるのか?

まぁ、またジャックやオブライエンに会える日を楽しみにしておこう。
b0041918_1151989.jpg

[PR]
by mac3rd | 2010-06-09 01:15 | 映画