ノ~モデリング、ノ~ライフww littlejohn


by mac3rd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「硫黄島からの手紙」、、、、散るぞ悲しき。

 本日、開演になった「硫黄島からの手紙」を朝一番で見てきました。

やはり、「父親たちの星条旗」とは まったく色の違うものになっていましたが 根底に流れるその時代を生きていった人々の、そして「硫黄島」という小さな島にかかわらせられたばかりに翻弄され生き死にしていく様を セミドキュメントに追って行きます。答えはありません、しかし見た人の心の中に何か残していく創りになっています。

日本人が作ったら もっとウエットな部分が前面に出てたでしょう。中村獅童の役も「男たちの大和」を引きずってますが 日本兵のステレオタイプとしては 解り易いかも知れませんね。

アメリカ兵の日本兵捕虜を虐殺や「~星条旗」での答えになるアメリカ兵捕虜の虐殺など 昔はまず無かったシーンが 最近は良く出てきます。自分は、「バンドオブブラザース」での時から気になっていたのですが。実際、戦闘時やその後の進撃時には 捕虜は一番厄介なものです。こう言った事は 良くあったと言う資料もあります、しかしそれに対する責めの部分ももう少しほしかったように思います。

「~星条旗」と「硫黄島~」の2部作は 戦争映画と言うより歴史映画としてヒューマン・コンフレクトな映画としてよい作品だと思います。

 では、原隊復帰をして仕事に精進してまいります お国の為、家族の為に。
b0041918_120540.jpg

PS;「散るぞ悲しき」(梯久美子著)栗林中将の辞世の句、しかも帝国日本陸軍の検閲で修正された一片を題目にした硫黄島守備隊のノンフィクションです。映画を見た後にじっくり読むのもいいかもしれません。

硫黄島だけでなく 遠い彼の地で戦争に行った人達の思いは 今、戦闘の真っ只中でいる人達と考えている事がどれ程違うのでしょうか。どんなに考えても今の自分にそれは簡単にシュミレートできるわけではないですが しかし現代の不確実な安全の中で家族や友人、仲間を守ることが出来るのかを考える事は出来るはずです。そんな時間を少し作り出す必要が あると思います。

だから、たとえ何度でも生き返るたかがシュミレートのGRの中でも そう容易く突撃は出来ないのです、、、、、エッ(;゜0゜) ぎく
[PR]
by mac3rd | 2006-12-09 12:00 | 映画