ノ~モデリング、ノ~ライフww littlejohn


by mac3rd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「亡国のイージス」我に守るべき祖国あり。

久々に邦画をシアターで見てきたが、なかなか邦画も質が高くなったものだ。
俳優人もすこぶる好きなのが集まっていた事もあり 見ごたえがあった。
中井貴一の職人的演技は、またまた完璧だし。佐藤浩市のらしさ健在で
男の色気を上目使いのしぐさで出している(CMでおなじみ)。出来色は、真田広之で
無頼漢でまとめ役の男くささを うまく出していた。いい歳のとりかただなぁ。
寺尾聡は、ちょっと半落ち見たくなってたがな。吉田栄作や谷原章介、豊原功補も
若いなりにいい見せ場を作っていました。原田芳雄の総理は、彼らしいやんちゃ振りが
垣間見えておかしかった。原田美枝子は、ほんの数分だが成熟した大人の女の美しさが
見事ですね。彼女を見ていると老いる事と成熟の不安をなくしてくれそう(錯覚)。
内容的には、海上活劇(限られた空間でのストーリー)としていやでも「沈黙の戦艦」にダブル
部分があるが 単人称のヒーロー物とは根本的に違うので 安っぽくはならなかった。
「できますかな? 海上警備行動の範疇(はんちゅう)で」副艦長(寺尾聡)の言葉が この映画
今の日本を的確に表していますね。「守るべき国の形も見えず、未だ共通した歴史認識さえ持ちえず、
国家としての顔を持たない国にあって、国防の盾(イージス)とは笑止。
我らは(滅びようとする)亡国の盾。偽りの平和に侵された民に真実を告げる者」、、、、う~ん。作者の福井さんは これが言いたかったのかも。

あっ、この映画 原作を読むか(漫画でも可)軍事オタク(私)じゃないと 判らない事いっぱい
あるよ。瞬時に、モールスや手旗信号、ロックシステム、ハプーンやその他もろもろ 何にも
説明してくれないからね。知識を入れておかないと 「何やってるのこの人たち?」状態かも。
おしぃなあ。最後のイージス轟沈は ちょっと手抜き!30秒で沈めるなよ。
F2の帰等も近づきすぎ!自分の落としたテルミットで 自爆するって!(軽い突っ込み)
ま、軍事オタクにはまあまあ良い出来だと思いました。パチパチパチ。
b0041918_23511995.jpg

[PR]
by mac3rd | 2005-08-08 23:52 | 趣味